忘れるってそんなに悪くない | ベサニー・キリスト教会

忘れるってそんなに悪くない

先日は、メガネが見つからなかった。外に出ていないので、間違いなく家の中にあるはずだが、洗面台の横、ベッドスタンド、コーヒーテーブルなどいつも置く場所を何度探してもなかなか見つからない。少しパニックして、SOSを出して家内の協力を要請。家内は、私と違って冷静に探し始め、順番で部屋を回って、5分も経たないうち見つけてくれた。場所はトイレ!どうも、トイレの棚に置いたらしい。見つかったことが大変有難い反面、そこで新たな悩みが浮上した。それはトイレに置いた記憶が全くないということだ。普通なら記憶が少しずつ戻ってきて、なぜその場所に置いたのか思いだすはずだけど、「そういえば。。。」という「再現記憶」さえもなく、頭の中は真っ白。50代とはいえ、まだ前半なのでこのような場面はまだまだ早い。少々怖くなった経験。しかし、視点を変えれば忘れることは必ずしも悪いとは限らない。親友の死の深い悲しみ、傷つけられた経験、後悔している過ちなど思い出さない方がいいことはたくさんある。心と記憶の癒しは、赦しから始まる。相手を赦し、また神様に赦される。神様の赦しについて聖書に不思議なことばがある。「東から西が遠く離れているように、私たちのそむきの罪を私たちから遠く離される」(詩篇103章12節)。また、「わたし、このわたしは、わたし自身のためにあなたのそむきの罪をぬぐい去り、もうあなたの罪を思い出さない。」 (イザヤ書 43章25節)。忘れることのできない全能の神様が私たちの過ちや罪を忘れて下さる!これ以上の恵みがあるだろうか!!

2012 年 9 月 25 日25. 9月 2012 by JonDugan
カテゴリー: その他 |